スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川昆監督

が亡くなりました。
92歳。年齢としては大往生といっていい年齢だと思いますが、100歳まであと何本か映画を撮っていただきたかったです。

30年前に初めて公開された犬神家の一族。衝撃でしたー

犬神家の一族犬神家の一族
(2000/08/25)
石坂浩二、高峰三枝子 他

商品詳細を見る


この映画がきっかけで横溝正史ブーム到来、テレビシリーズや映画で色々な俳優さんが金田一耕助を演じています。
最近では、SMAPのゴローちゃんが演じてますが、鶴太郎画伯や中井貴一、渥美清といった『い、イメージが・・・』と思ってしまうような金田一耕助もいました
古谷一行はテレビで比較的原作に近い金田一を演じていましたが、やっぱり石坂浩二にはかないません(と思っています)

その上、金田一先生いつのまにかお孫さんまでいらっしゃったそうな。(奥さんは誰なの!)

金田一シリーズは映画やテレビでかなり多く映像化されていますが、この一作目を越えるものはないと思います。
この映画自体も素晴らしいのですが、映画音楽がまた素晴らしい!
日本的な美しさと妖しさそして哀しさを見事に表しています。
いやー、サントラ買っちゃいましたよ。
当時レコード(良い子のみんなは知ってるかな?)は子供のお小遣いで買うものの中ではかなり高価な部類でしたが、お年玉はたいて買いましたよ。
今でも我家に大事に保管してます。

こんなブームもこの市川監督の映画があればこそです。
京極堂も好きですが、やっぱり横溝正史が大好きだ!

市川監督にはまだ映像化されていない金田一映画をあと数本撮っていただきたかったです。
(あ、でも金田一耕助はもう少し若い人を配役してね。さすがに石坂浩二はどうかと・・・)

ま、関係ありませんが、一部ちびたの開きマニアにおおくりするサービスショットでし

『はー、やれやれ、かーちゃんの相手もつかれるでしよ』
RIMG0026(1).jpg

スポンサーサイト

コメント

そうですよね!
やっぱり金田一といえば、石坂浩二さんですよね~
そういえば、金田一少年の事件簿ってのもありましたね。
じっちゃんの名にかけて・・・ってヤツ。
記事を読んで思い出した。

ところでちびたくんのサービスショット、
不機嫌そうな顔がまたかわいい。。。
ゆーめく様
そうそう、やっぱり金田一は石坂浩二じゃないとね!
って金田一少年の事件簿・・・あんまりじっちゃんに似てないんですけど(^^;)

あはは、ちびたは目つきがどーも悪いみたいです
大ちゃんはお目目ぱっちりですね
なんだかんだ言っても、逆さ足とスケキヨの強烈インパクト
は無敵な(?)映画でございました。
石坂さんてあれで60代・・・役の限界は無論あるが
ある意味妖怪・・・
あ、個人的に古谷一行さんのドラマバージョンも
捨てがたいです。

ちびた君、うちの大福なら今頃その帽子は残骸だよ・・・
いい子やなぁ・・・
サントラ!?サントラ持ってるの!?すっげー!!!
さすがはちびたさん、、、脱帽ら!
横溝正史はすごいよね。やっぱり面白いよ。
はい、はい、はい、は~~~~~いぃ!!(ハァハァ)
一部でしーーーーーーー!!
サイコーでし、もう死んでもいいでし
あ、この画像って壁紙可能でしか???

すんません、開きのみのコメントでし(苦笑)
犬がミケの一族(←変換したらこうなった。。。爆)は恐くて夜トイレに行けなくなっちゃいますからwww

このメーテルの衣装が誰の物なのかが気になって。。。
(あっ、先ほどはご訪問ありがとうございます!勢いで書きましたがリンクよろしいでしょうか?)
渥美清って、寅さんですよね?
へぇ。。金田一演ってたんだぁ!なんか意外!
犬神家といったら。。スケキヨのインパクトは
スゴイっす。。

ちびたくん、かーちゃんのお相手お疲れさま!
みつる様
ええ、いまでは『にしおかすみこ』のネタにまでなっている位ゆーめいなシーンです。
あれ、最初に見たときにびっくらこきました。
うちの妹は思いっきり怯えて泣いてました。
そんな彼女も今では一児の母。
こらこら、自分の娘におんなじことするんじゃないよ。

ちょんまげ様
ええ!持ってますとも!サントラ盤
でもレコードプレーヤーがないから聞けないの
だれかーダビングプリーズ!
横溝正史はもう全巻読破しました!
でもって、再放送があると何回でも見てしまうあたしって・・・

姫っち様
あらー、やっぱり(爆!)喜んでいただけてうれしーです
これはブログ用に小さく、軽くした写真ですので、おっきいのご希望でしたら送りますよー

tibisuke様
リンクありがとーございますー
私も(へっへっへ)張らせていただきますね。
あ、この衣装は私のコートについていた襟と袖の部分です。
取り外し可能ですので着せてみました。
この袖は顔にくっつけると『ライオン』にもなるでし。

ねこむすめ様
ええ、
渥美清は『八つ墓村』(ショーケンも出てたよ)
西田敏行は『悪魔が来たりて笛を吹く』
鹿賀丈史は『悪霊島』
とかなりバリエーション豊富な金田一です。
でもやっぱり市川昆にはかないませんね
にしおかすみこの『いぬがみけ!』とどっちがインパクトが・・・


生というものは死があるからこそ輝くのでしょうか??
切ないですね。
でも、素晴らしい作品を生み出してくれて、その作品は
主が亡き後も輝いてくれる・・・
ステキな事ですね。
もちろんちびた君のふりふりもステキだ☆
(あ!お尻のことじゃないよ!!笑)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
べん様
哲学的だあー!
人間は2度死ぬそうです。
1度目は肉体が滅びるときで2度目は人の記憶からなくなったときだそうです。
だから、こうやって映像や名前を残した人というのは永遠に死ぬことはないらしいです。
もちろん普通の人はそういうわけにはいかないのですが、子孫が先祖供養をしてくれていますから、やっぱり死ぬことはないようですよ。

覚えていてくれる人がいる、という事はなんてすばらしいことなんでしょう。
犬神家こわいですよね~。
怖い映画は苦手だけど、探偵ものは大好き!
カワィィ~♪どうしよう!やばい!
その脱力加減がいいです( ´艸`)
るぅ様
ホラーやスプラッターはちょー苦手ですが、この探偵物の怖いのは大好きなのです。
特に金田一せんせーは2時間ドラマでも見てしまいます。
あ!今日『犬神家の一族』テレビでやるんだ!

ちびた、この格好でくつろぐことが多いです。
猫としてどーよー!って思ったこともありますが、もうあきらめました
にゃははは

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/81-3bb03ccf
<< やっぱり壊れた・・・ | TOP | おひさしぶりでし。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。