スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医介輔 にせ医者と呼ばれて

昨日、日本テレビ系列で堺雅人さん主演の『にせ医者とよばれて』というドラマが放映されました。

http://www.ytv.co.jp/niseisha/

ちびたかーちゃんはこの堺雅人さんそして奥さん役の寺島しのぶさんファンなので
当然このドラマを昨日見てました。

ところで、医介輔って知ってますか?
私は全く知らなかったのでちょっとウィキペディアで調べてみたら、こんな事が書いてありました。

戦後間もない1959年(昭和34年)、アメリカの統治下であった沖縄。当時の沖縄は深刻な医師不足に悩まされており、この状況を打破するため、アメリカ国民政府は、衛生兵などの経験・経歴を持った人物を、医師免許を持たない代用医師として認定し、医療行為に当たらせた。これが“医介輔”の起こりである。

当時沖縄県は『琉球列島』と呼ばれ、琉球に住む人々は『琉球列島住民(琉球住民)』という身分で、日本人という扱いではなく、本土へ行く場合には往来には制限が加えられていました。

これ、ちょっと見づらいですが『琉球列島米国民政府高等弁務官』って記入されています。
当時の沖縄で一番偉い人は『高等弁務官』と呼ばれる人が当たっていました。
つまり、日本じゃない、アメリカの統治下だからアメリカが任命するのが当たり前だったんですね。

NEC_0699.jpg

高等弁務官はアメリカ合衆国大統領の承認を得て、国防長官が現役アメリカ陸軍将官から任命した。
つまり、統治する人を決めるのは国防長官、直接実務を取り仕切るのは軍人さんがあたっており、今も昔も沖縄がいかに軍事上重要な位置を占めているかがわかります。

高等弁務官の権限は強大で、しばしば琉球政府の施策に介入、つまり、米国に有利な法律や軍事的配慮をし、その事が沖縄住民の反発を買ったのです。
復帰運動は激化し1972年当時の日本・アメリカ両政府の交渉後、琉球列島は沖縄県として正式に日本へ返還されたのです。

実家父は1969年当時仕事の関係で本土復帰前の沖縄に在住していました。
今なら、沖縄で仕事をするのは単なる国内転勤ですが、当時は日本であって日本でない土地。
それが沖縄・琉球列島でした。

パスポートには『日本人 ちびたかーちゃんの父ちゃん 名』と記載されています。
siryo-1.jpg


当時の内閣総理大臣は『佐藤栄作』でした。
NEC_0697.jpg
この佐藤栄作さんは本土復帰を果たした時の首相でした。
後年、ノーベル平和賞を受賞していますね。

沖縄へ仕事へ行くためには身分証明書・パスポートと在留許可が必要でした。
私たち本土に住んでいた人間は『日本人』、沖縄に戦前・戦中・戦後を通して住んでいた人は『琉球列島民』として隔てられていました。

当時の沖縄は通貨はアメリカドル、車の通行や交通ルールはアメリカの右側、そして沖縄県ではなく琉球列島。

私たちは日本人としてある程度の保護を受けていたのでしょうが、琉球列島の方々は色々と不便や不公平を強いられていたのでしょう。

長い運動や日本政府と米国の交渉で1972年日本へ復帰し正式に沖縄県となりましたが、今だに基地の問題や軍用地の接収等、負担を強いられている沖縄県の皆様。

この『にせ医者 医介輔』というのも、当時日本と米国の法律の隙間で生まれた職業であり、色々な苦難や差別を受けていた事がドラマに描かれていました。

お医者様だけではなく、琉球の人たちは『自分は日本人であり沖縄人である』という気持ちがあったのに
日本政府の力の及ばない問題が多く発生していた事でしょう。

復帰前の甲子園出場、甲子園の土の海中投棄などはその象徴的な出来事なのかもしれません。
(当時の琉球はアメリカの統治下でしたので、植物検疫等の問題で日本からの土の持ち込みはできませんでした。
なので、沖縄から代表として出場した高校の生徒が持ち帰った甲子園の土は海中の投棄をしなくてはなりませんでした。)

ここのところ色々な問題が発生し、沖縄の人たちには辛いことばかりです。

簡単に言ってはいけないのかも知れませんが、沖縄に本当の日本の権利が認められる日が来る事を祈ります。
そして、ちょびっとだけ沖縄に関心を持って、沖縄県の為に何かできる事があればぜひ貢献してください。

ちなみに私たちが一番貢献できるのはね、沖縄県にバカンスに出かけてお金を使って楽んで地域経済の活性化に貢献することでし。(えへ)
国内旅行にはぜひ沖縄へ!

NEC_0670.jpg

珍しくまぢめなかーちゃんでしね。ちびたちょびっと感動しちゃったでし。

だから!そんなにでかい顔して出てくるな!
大体そんなぐーすか寝た顔して何言ってもぶち壊しだろうが、
まったく空気を読め!空気を!
スポンサーサイト

コメント

これ見たかった(予告?番宣?で見て)
でも、すっかり録画忘れてました。
色々・色々難しい事があるのでしょうが、
私に出来る事は沖縄で開催されるマラソンで走る!だわね(^m^)
堺雅人さんって・・・
マチャアキの息子さんでしよね?
とーちゃんよりもハンサムでし、と、母が言うとったでし(笑)
バカンスでお金を使って、経済の活性化・・・
な、なるほど!
難しいこと考えなくても、これなら、できそうでし!
(ただ、もっか、沖縄までいくヒマとお金がないでし・・・)
全然知りませんでしたでし。
かーちゃんのおかげで、ちょっぴりわかりましたでし。
ちびたしゃんと同じく・・・雪国もやしv-16も・・・感動しちゃったでしv-398
ちびたしゃんの寝姿・・・いつ見ても感動しちゃうでしe-266
tibisukeさん
あらー!残念。
面白かったけど、ちょっと薄味だったかなー??
ま、主人公の堺雅人さんが薄味だから(爆)

そうそう、バカンスで経済支援が私たちにできる事です。
マラソンの後はおいしい沖縄料理とオリオンビールで地元の人と楽しく交流っていうのもいいですよー
うちのとーちゃんは以前下地島って所にいってかつお釣りにはまってました。
結構釣れるんだよ~

あめぶらさん
をを!ままりん惜しい!
確かに似てます。まちゃあきさんとは。でも息子さんじゃないんですね。
ちなみにうちのとーちゃんも間違えましたとさ。

そうそう経済振興が一番の支援策よん。
ってうちもお金がなくてなかなか沖縄支援できないんですけどね。(;;)

雪国もやしさん
私も子供だったので本当の所は知ってるわけじゃないんですが。
ちびたももうちょっと空気読んでくれるといいんですけどねえ。。
雪国もやしさんが感動してくれたから、いっか(爆!)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/375-3023eda6
<< まるまる | TOP | ゆびぬき大小 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。