スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大子宮筋腫 治療記 -7

備忘録なので、つづけてっと

UAE治療についてですが。

現在日本では保険適用がされていないのですが、海外では割と一般的な手術方法で前国務長官のライスさんもこのUAEで治療し2日で国務に戻られたとか。

実際にこの手術を受けた人の9割以上は成功し確実に筋腫が小さくなっています。

ですので、危険な治療ではないのですがまれに私のように筋腫が感染する後遺症がでて摘出する必要がある場合があります。
ネットではこの感染した時にどうなるかという例がほとんどなかったので、今回の体験を書き留めておこうかと思い日記を続けています。

さて、手術後の3月から6月にかけて、筋腫の感染が発生してからのこの3ヶ月間が実は体力的にも精神的にも一番きつかった時期でした。

夕方が近くなると熱が出てくるため、体がだるく食欲がなくなるので急激に体重が落ちてくるのですが、健康的な痩せ方ではないので何をするにもおっくうになり体がほとんど動かなくなりました。

UAE処置後1か月から2か月ほどすると生理が正常にもどってくるのですが、このとき通常1週間程度で終了するはずの生理が実に3週間以上も続いたのでしたが、これが後でとんでもないことに・・・

もちろん女性の皆様ならご存知だとおもうのですが、出血しますので貧血がひどくなるのですが、私自身貧血を起こしたことがなかったので、自分の体調の悪さがよくわからなかったというとっても間抜けな状態でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/329-2b583d7b
<< 巨大子宮筋腫 治療記 -8 | TOP | 巨大子宮筋腫 治療記 -6 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。