スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大子宮筋腫 治療記 -1

2009年3月に子宮筋腫の治療・処置を開始しました。

子宮筋腫自体は人間ドックの検査で2005年頃見つかり、その後徐々に大きくなり始め、見た目にもおかしいと直ぐに判る大きさにまで成長していたのですが、仕事の忙しさと経過観察という事で特に治療もしないで放置していたのです。

ある日母が私の腹部の状態を診て激怒『直ぐに病院にいって処置してきなさーーい!』となり、病院へ行くことになったのですが、運の良い事に大きな病気や手術をしたことがなかったので、病院で『すぐ手術して摘出しなさい。』と言われても抵抗しまくっておりました。

子宮筋腫は成人のこぶし大を基準に温存するか切除するかを決定するそうですが、当然私の場合は『摘出』。
しかも最初に診察して頂いた病院では『貴方の筋腫はかなりな大きさになっているので、子宮ごと摘出したほうが、再発もないし、子宮がんのリスクもなくなりますから摘出しましょう。』と。

先生、人ごとだと思って簡単に言わないでください。と心の中で思いつつこの時に『子宮を摘出しないで行える方法を探す!』と思いネットや友人、書籍等で調べる事を始めたのです。


201003121945000.jpg

かーちゃん、この話ながいんでしか?
長いよー
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
本当に心配してましたよ~!!!!!
子宮筋腫だったなんて、お辛いですね。
子宮や乳腺の病気というのは、
女性がもっとも忙しくしている年齢に出るものなのかも知れませんね。
スグには対処しにくいような。
記事を書くまでに色々とあったでしょう。
とにかく、おかえりなさい。
ちびたちゃん、会えて嬉しいよ!
sallyさん
心配かけてごめんなさい!
今は出産経験がすくなくなるとか月経開始年齢の若年化等の要因がいろいろあって出ることも多いっていわれました。
すぐに手術できればいいんですけど、仕事や色々なことに追われているとどうしても機会をのがしてしまいがちですよね。
自分の体だからもっと大事にしないといけないのに、と思いつつついつい。

またぼちぼち続けていますので、これからもどうぞよろしく
(でし!byちびた)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/322-16867449
<< 巨大子宮筋腫 治療記 -2 | TOP | 長のご無沙汰をいたしておりました。申し訳ございません。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。