スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫、飛行機に乗る時には?

飛行機に猫(犬)を乗せる時。ですが、色々と説明不足もあって皆様を『へー?ほー?』にさせてしまいましたので・・・・・ここでご説明の補足

現在
ANAはペットらくのりサービス

2008_1206_090100-P1000112.jpg
これはーANAの飛行機♪ 手荷物はこんな感じで乗り降りしてますが、動物はちゃんと係の人が手で運んでくれます。

JALはペットとおでかけサービス

2008_1206_065000-P1000109.jpg
こっちはーJALの飛行機♪ どこの航空会社でも係の人が1つずつ丁寧に運んでくれます。


として、1ケージあたり5000円という料金設定で預かってくれるようです。
これも、距離が近い等の場所の場合は3000円というように、若干距離によって違うようですが、基本はこのサービスのようです。

以前は、動物の犬種・猫種によって体重にかなりの差があった為か従量制を取っていたようですが今はどちらの航空会社も一律料金を設定しているようです。

2匹以上を預ける場合は1つのケージに1匹しかいれられませんので、当然2匹分の料金を取られます。
また、大きな犬種(レトリバー)等は大きなケージが必要なので、ケージを予約するか航空会社の規定にあったケージを準備して乗せるかになると思われます。
(但し、航空会社が不適切と判断したケージの場合は預かってもらえない事もあります)

このサービスは、あくまでも『飼い主さんと一緒に飛行機に乗る場合』が前提です。
ペットだけ別に飛行機に乗せて輸送する場合は、現在も従量制がとられていますし、貨物扱いになりますので、料金や受け取り方法が違ってきます。

で、飛行機に乗せた時に心配になるのが、ペットの環境ですが通常はバルクカーゴという預かった手荷物を載せる貨物室の場所に乗せられますが、もちろん、空調・気圧は人間の機内の空調や気圧と同じに設定されていますので温度や気圧はあまり心配しなくてもよいと思います。

とまあ、これは預ける側なのですが、預けられる側にも、色々と事情っつうものがありまして。

飛行機の場合、フレンチブル・ブルドックは預かってもらえません。
というのは、以前気圧の関係で飛行機に乗せたフレンチブル・ブルドックが亡くなってしまったという事故があったためです。

一概に航空会社の責任という訳ではないのですが、フレンチブル・ブルドックは少々つぶれた顔つきをしていますが、その顔つきから呼吸がうまく気圧変化に対応できずに輸送中に死んでしまうという事故が他の犬猫より多かったようです。
もしかしたら、ペルシャのような猫も同じように預かる事は躊躇されるかもしれません。

もちろん乗せる場合は同意書を航空会社に提出する必要があります。
事故が起きても、責任を取って下さいとは航空会社には言いません。といった内容なので、飼い主さんの中には抵抗を持つ方もいらっしゃるかとは思います。

と、まあ国内線の場合はこんな感じで飛行機に乗せて連れて行きます。
通常の環境より、飛行機の場合かなり違ってくるのでやっぱり飛行機で旅行させるのは神経質な犬猫の場合は難しいのかもしれないですね。
また、新幹線や車よりは短い時間とはいえ、どういう状態で預けられているか、今怯えてないか、具合悪くなってないか、といった事を直接見られるわけではないので、飼い主さんの中にはものすごく心配される方がいても当たり前だと思います。

え?ちびたの心配?したことありません。はい、一度も♪

2008_1206_090300-P1000120.jpg

手荷物はこのベルトに乗っかって出てきます。ぐるぐるー回転寿司ー
ちびたもこれに乗って出てきます。
か、かーちゃん!早く受け取ってくださいでし!ち、ちびた目回って気持ち悪くなってきたでし・・・・・
面白いからもうちょっとみてる ぷくく♪

(うそです。でてきません。ちゃんと係の人が丁寧に一つずつ運んで、飼い主さんにきちんと引き渡してくれます。VIP待遇です。)

2009_0414_175300-P1000225.jpg

はーー、かーちゃんのせいでえらいめにあったでし。
でも、ちびたはいつでもどこでも寝られるでし。(それもどうかと思うよ)



スポンサーサイト

コメント

なるほど~勉強になります!
飛行機に乗らざるをえない場合ってあるでしょうし。。
ちびた君への尊敬の念が、ますます深まります(笑)
電車に乗っている姿は見かけますが、飛行機は未知の世界でしたので、「へ~!なるほどぉ!!」と、かなり物知りになれた気分です。
ありがとうございます(^^)

大人にはなんでもない機内でも、赤ちゃんは変化に対応できず大泣きする子もいるみたいですから、ペットとなるとさらに心配ですよねぇ。。。

顔つきによって、そんな事故が起こるとは、ビックリです(>。<)

でもでも、ちびたちゃんは大丈夫なのね~。
すご~い、さすが大物!!

それにしても、体重差で金額に差があった時代があったとは・・・。
人間にもそんな料金設定があったら、旅行前は、気合入れてダイエットしなくっちゃです!!

あっ、旅行中に必ず太る私の場合、行きと返りで料金が変わることになるのねぇ・・・(^^;

そっかー、うんうん、移動時間は短いけど
今どーしちょるかなー
怯えちょらんかなーってやっぱ心配でしよねー
ちびた氏くらいまで成長?したら
経験の為いっぺん乗ってみるかな?
いや、やっぱやめよう、ままちゃんの方が怖いでし(爆)
なるほど~
ペットは貨物扱いとは聞いていましたが
こんな感じなんですね、詳しくありがとうございます。
飛行機なんかへっちゃらへ~のちびたくん流石です。
うちは飛行機未経験ですが、多分みいがニャーニャー大騒ぎ
ぴぐは意外と平気で、きょとんとしていそうな気がします(笑)
勉強になりました!
多分、心細くなっちゃうわんにゃんが多いと思いますが、
ちびたくんはエライでし!!
うんうん!フレンチブルの記事は、新聞で読みましたよ(^^)
ちびたちゃんは、こんなすごい旅をしてるのねー!!
家の猫は以前は一緒に出勤してたので、
朝の通勤ラッシュを一緒に体験していたのですが、
飛行機に乗るちびたちゃんは、
ほんと尊敬だわー!!
タラ さん
そう、どうしても!どうしても!飛行機に乗せなくちゃいけなくなった場合!
国内だと新幹線に代替えするという手もあるのですが、海外転勤なんかで
連れて行かないといけない場合!
これはもう各航空会社と相談するのが一番!
色々と考えて手配してくれる場合もあるので、まずは相談。みたいですよ。

なぎママさん
赤ちゃんやお子さんが泣いちゃうのは気圧の変化で耳がキーーーンってなるのが
原因のようです。
小さいお子さんだとキャンディーをなめさせたりして唾液分泌させると多少は緩和される
ようですが、赤ちゃんは、うーん、ミルクを飲ませてみるというのも一つの手なんですが
そんなに飲めないでしょうしねえ。
今でも機内でキャンディサービスしてくれるのはその耳きーん対策のようです。
体重別で料金設定されたら・・・・・・ぎゃーーー!あたし飛行機のれましぇん。
ちなみにアメリカは巨大サイズの人が多いので、あんまり大きい人は2席分の
料金を払え!ということがあるようですよ。
だ、ダイエットしないと!!

cuchikoさん
ええ、1時間とはいえ、飼い主がペットの搭乗環境を確認できないんで、そりゃーもう
心配だと思いますよ。
え?うち?心配したことありまへん。
最初に転勤したとき、ちびた生後3か月で飛行機に乗せたんですよ。
その時は小さかったし、うちに来たばっかりで心配したんですが、はいやっぱり寝てました。
とーちゃんの実家に帰省するときも車で8時間ほどかかるんですが、その時も
後部座席でぐーすかいびきかいて寝てましたから。
ええ、もともと乗物に強いタイプらしいです。
ままちゃんは、きっとままちゃんの方が1時間耐えられないと思う。絶対・・・・

pigumiiさん
きっとそれぞれの性格とか体調、乗り物酔いの強さとかもあるので
一概に全部だめ!という事はないと思います。
どっちかというとぴぐちゃんの方がものおじしなさそうですもんね。
でもって、となりでみいちゃんがぴぐちゃんの心配してにゃーって鳴いてそうです。
にゃはは。

ゆーめくさん
1時間でも心配なんですから、海外転勤になったとき一緒にいたペットを
どうするかって悩まれている人、本当に多いと思います。
アメリカだと12時間、バルクカーゴに乗せっぱなしですからねえ・・・・
そのあとの検疫も含めて1か月も離れ離れ。
そりゃー、心配で夜も眠れなくなると思います。

sallyさん
え!!一緒に通勤ラッシュを経験してる?  そっちの方がすごいわーー
飛行機はせいぜい年1回ですけど、ラッシュはほぼ毎日ですしね。
それに付き合って平気なはなちゃん。尊敬します!
遠くのブリーダーさんだと、飛行機でお送りしますよ~って話を聞いたりしたのですが、やっぱり気圧の問題とか、ちょっぴり不安もあるんですよねぇ。
勉強になりました!

いつでもどこでも寝られるちびた氏は、旅行に向いてるのかな?
飛行機じゃなくて、車で出かけるときも、ぐーぐー寝ていてくれるのかな?
たまにはネコを連れて車で出かけてみたいと思ったりもするけど、ちびた氏みたいなニャンコなら、ヘーキそうだなぁ~(笑)
マク さん
飛行機は他の乗物に比べて環境も手続きも色々な事がかなり特殊ですよね。
気圧にしても、気温にしてもですがもうひとつ、音の問題もあるんですよ。

大きな音ではないんですが、人が飛行機に乗ると風の音が耳に入ります。
耳が痛くなるとか耐えられないといった音ではないんですが、ごぉーという普段はあまり
耳にしないような音なので、その音にびっくりしちゃう子もいるかもしれないです。
特に猫や犬は人間よりずっと耳がいいですからね。
もちろん、航空会社の人は細心の注意を払ってくれます。
夏や冬なんかはぎりぎりまでカウンターで預かって人が様子を見てくれますし、気温や空調管理はかなりきちんとやってくれますがやっぱり心配でしょうねえ。
不安がある場合はやっぱり新幹線かなあ。

ちびた、乗り物は強いというか気にならないようです。
アメショは比較的環境変化に強い子が多い気がします。
元の性格もおおらかというか、細かい事は気にしないのでどこに預けても誰が来て
お世話してくれてもマイペースです。
い、いいのか?とも思いますが、ま、細かい事は気にしない、気にしない(^^;)
ヤダーもぉ~
最後まで真剣に読んでたのにぃ~
くるくる回ってくるのかと心配しましたよぉ~

それにしても ちびた君 スゴイです。。。
福澤さんもさくらも無理だろうなぁ~(TへT)
猫田にゃん仔さん

をほほv-398ひっかかってくれたんでしね。
そうです、ちびたは回ってきますが、他のねこちゃんやわんこはちゃんとVIP待遇です
(だからうそですってば)
福澤さんもさくらさんも乗り物は苦手ですかあ。
一度チャレンジ!(絶対しません!by福澤さん さくらさん)
ブルドッグもそうなら、シーズーも死んじゃうんでしょうかね?;;

私も猫と一緒に引っ越しを計画してるんですが、1匹はもう生後1年でだいぶでかくなっているんですが、もう1匹が生後3ヶ月で体も小さいんですよ。。。;;

老いていく訳にも行かないし、困った物です;;

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/303-91867ca6
<< タイムリーな話題でしね。 | TOP | 飛行機に乗る時は >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。