スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍妃の井戸

珍妃の井戸 (講談社文庫)珍妃の井戸 (講談社文庫)
(2005/04)
浅田 次郎

商品詳細を見る


あまり読んだ事ない浅田次郎さん。
これは、この題名に惹かれて買ったのですが。

滅びゆく清朝の頃、紫禁城の奥深くで一人の妃が殺された。
殺した人物は清朝最高位の女性、西太后・・・・・
本当に、彼女は珍后を殺したのか?彼女でなければ誰が珍妃を殺したのか?
真相を突きとめるため、当時中国を支配下に置こうとした日本・イギリス・ロシア・ドイツの高官が
関係者に話を聞くうち、最後に行き着いた真相は・・・・

これは『蒼穹の昴』の続編として執筆されたそうですが、これだけ読んでも面白い。

珍妃というのは、清朝11代 光緒帝の側室で、1900年に義和団の乱に加担した清朝が列強八ヶ国軍の攻撃を受けて北京から逃亡する際、西太后の命で紫禁城楽寿堂の裏の井戸に落とされ亡くなった、というのが歴史の通説なのです。

この小説は、西太后ではない誰かが珍妃を殺したという設定になっていて、殺した犯人(と思われる相手)に対して探偵役の4人の各国高官がインタビューをしていくという手法なんですが、するすると読み進め、最後の独白を読み終わった時になるほどぉ・・・

近代中国の歴史はかなり複雑なので色々と調べていかないと小説でもついて行けないんですが、これはかなり読みやすい。

実際、北京の紫禁城にはこの井戸が残っているらしいのですが、(実物見てないけど、写真で見る限りは)小さいらしく、ふくよかな女性が入れられたら身動きもできず、じわじわ、長い時間苦しみながら死んでいかなくてはならないのではと想像すると・・・絶対やだ!

中国は、すさまじく痛いものが多すぎる




スポンサーサイト

コメント

あ~、これ、読みました♪
まだ文庫じゃなくて、ハードカバーしか出てなかった頃だから……
もう、ずいぶん前だなぁ(笑)
人から借りて読んだんですけどね(笑)
あめぶらさん

を~、お読みになったんですね♪

蒼穹の昴から読んだ方がいいんでしょうけど、長編物はよっぽど腰据えて読まないと
途中で挫折しますぅ

ハードカバーは値段が・・・ね(笑)
私は持ち歩いて読むので、文庫派なんですよ。
読みたいミステリーや小説も文庫になるまで待ちます。
だから読む頃にはすっかり流行から遅れてます。
井戸!!!見たよ!紫禁城に行った時に見たよ!!!
超~~~~怖かった。。。小さい、細い、深い井戸だったよ。
他にも、人が一人立ったまま入れるくらいの(細長いロッカー位の)牢屋とか。(そこは、ただ、ずっと立ってなきゃいけない地獄なのだ!)
セイタイゴウ、、、、超恐ろしいよ。。。

あ!そう言えば、昔、映画もテレビで見たっけ。
怖かったなーーーー(><)
ちょんまげさん

え!ちょんまげさん、実物みたんだ!
なんかさー、すごーい奥のくらーい所にあるんでしょ?井戸

こわいでしょーー!
珍妃って古いタイプの美人だからちょっとふっくらしてる写真がのこってたんだよ。
そのふっくらさんがあのほそーくて小さい井戸に逆さから落とされたらしいんだよ

ぎゃーーーーーー!
いっそいっぺんにおとしてくれい!って思っても
ずーっとさかさいなってるから頭に血が上ってくるしーーい思いして死ぬんだよ
こわい、こわい、こわすぎる!
蒼穹の昴があまりにもよくて、去年、浅田次郎読みあさっちゃいました(図書館で借りて・・・)
この珍妃の井戸も同じ頃読んだかな~
実際の顛末は謎ですが、そうやって珍妃が殺されたのかも?と思うと怖いですね。
ちょうど今日、西太后に暗殺されたとされている光緒帝が、砒素で中毒で殺されたことが明らかになったと発表になりましたね。
古い中国の話、結構面白いですよね!
マクさん

蒼穹の昴お読みになったんですね。
実は私まだ読んでないんですよ。
もうちょっと余裕ができたら読もう!と思っているんですけどね(^^;)

中国の歴史は近代に近づくあたりが一番面白いな~と思います。
ちょうど文化大革命のあたりまで。
日本人にとっては少々つらい内容も出てきますが、それでもあの大陸のパワーは
すごいです。

って、光緒帝やっぱり毒殺だったんですか!v-12
韓国にしても日本にしてもお毒見役や銀のお箸使って毒から身を守らないといけないんですもんねえ。

家定様も毒殺を避けるために自分で作って食べてたっていうくらいだから。
えらい人も大変だなあ。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://chibita1997.blog107.fc2.com/tb.php/177-1cd35e5b
<< 何隠してんだ? | TOP | クライマーズ・ハイ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。